認知症に対する取り組み

認知症に対する取り組み

65歳以上の高齢者の認知症発症率は推計15%と言われており、2012年時点で約462万人にのぼることが明らかになっています(厚生労働省調査)。さらに、2025年の認知症患者数は700万人を超えると試算されており、超高齢化社会の大きな問題となっています。

レキオファーマ㈱では、2008年より自然食品由来のサプリメントを用いた認知症予防・治療に対する研究を続けております。自然食品の中には、脳内伝達物質(アセチルコリン)の量を増やすものや、アルツハイマー型認知症の原因となる蛋白質(アミロイドβ)の脳内での蓄積を妨げる働きを持つものなど、認知症予防・治療において有用な植物が数多く存在します。

 

なかでも、ウコンに含まれる「クルクミン」や、トウゲシバ(シダ植物)に含まれる「ヒューペルジンA」は、これらの働きが強く、認知症予防・改善素材として、大きな可能性を秘めています。

 

私たちは、これらの有用素材について、認知症専門医をはじめとする専門家、薬科大学等の研究機関と共同研究を実施し、科学的根拠(エビデンス)に基づいた製品開発を行っております。

 

このような製品を通じ、皆様の健やかな毎日に貢献する事が、私たちの願いです。

研究テーマ

1. シダ植物「トウゲシバ」の認知症に対する効果の研究

私たちは、強いアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有する成分「ヒューペルジンA(Hup.A)」を含むシダ植物「トウゲシバ」に注目し、岐阜薬科大学、医療法人河村病院 田平武医師との共同研究のもと国産トウゲシバを用いてマウスの記憶改善作用を測定しました。その結果、トウゲシバエキスはマウスの脳内伝達物質(アセチルコリン)の量を増やし、記憶を改善することが分かりました※。

アメリカや中国においても、同様の知見が得られており、特にアルツハイマー病に対する有望な食品素材として、世界的に注目されています。また、記憶支援のサプリメントとしても定着しています。

レキオファーマでは、今後もトウゲシバ(ヒューペルジンA)の新たな可能性を追求し、研究を進めてまいります。

※ この研究結果は、国際誌 “Bioscience,Biotechnology, and Biochemistry” に掲載されました(T. Ohba et. Al., 2015.)

トウゲシバエキス末(ヒューペルジンA含有)

シダ植物であるトウゲシバは、強いアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有するヒューペルジンAが含まれています。ヒューペルジンAは、アメリカの医科学分野でも注目されており、特にアルツハイマー病に対する有望な治療薬として研究が進められています。又、記憶支援のためのサプリメントとしても定着しています。

2. ウコン由来「クルクミン」の認知症に対する効果, および吸収率向上に関する研究

ウコンに含まれる色素成分「クルクミン」は、抗炎症作用を中心とする、実に多くの薬理効果が知られており、古来より生薬として中国、インド、沖縄などで珍重されてきました。

レキオファーマでは、歴史的にもウコン栽培が盛んな沖縄県という立地を活かし、会社設立当初から積極的にウコン(クルクミン)の研究を推進してまいりました。

私たちは長年に渡る研究の中で、クルクミンの最大の弱点ともいえる「低吸収」という課題を解決、摂取したクルクミンを効率よく体内に吸収させる配合を見出し、これによって配合特許を取得いたしました。また、近年ではクルクミンが持つ「認知症予防・改善効果」に着目し、日々、研究活動に邁進しております。

① “クルクミン + スクワレン” の配合で、クルクミンの吸収率は飛躍的に改善する(特許第4012894号)
② クルクミンは、アルツハイマー病原因物質(アミロイドβ)の蓄積を防ぐ

アルツハイマー病の原因は、まだはっきりとは分かっていません。しかし臨床的には、脳内でアミロイドβというたんぱく質が蓄積し、神経細胞を傷つけ、やがて神経細胞が死滅していく事から、アミロイドβがアルツハイマー病の原因であるとする「アミロイド仮説」が有力となっています。
私たちは、クルクミンが脳内でアミロイドβが蓄積する事を防ぎ、神経細胞をアミロイドβから守る(Yang F. et.al., 2005)という事実に着目し、認知症予防食品としてのクルクミン(ウコン)の可能性を研究しています。

3. 認知症予防・改善サプリメントの開発

レキオファーマ㈱では、2008年より自然食品由来のサプリメントを用いた認知症予防・治療に対する研究を続けております。
認知症の原因は、一つだけではありません。したがって、私たちは一つの素材、一つの作用機序にこだわる事無く、認知症に対して、同時に多角的なアプローチが可能なサプリメント開発を推進しております。これは医薬品には難しい、サプリメントならではのアプローチであると考えております。